成と艶の北海道道中記

narutsuu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 27日

屈足の守り神(再度)

秋の夕暮れは、”釣瓶落とし”とよく表現されますが、この時期お彼岸も過ぎて、それが実感となってきました。
こちらの方へは、もうなかなか訪れることが出来ないのではと思い時間のない中、無理をして回ってきました。
春先に訪ねた時に、かなりの古木で、芽吹きを心配しましたが緑の葉が付いていることに一安心です。
芯枯れが進んでいるのかかなり上の枝までが枯れていて、古木としての趣はありますが、ちょっと痛々しくも感じられました。 
e0024478_071863.jpg

e0024478_08413.jpg

e0024478_012637.jpg


以前のアップは、”こちらから”

まだアップしていないツリーが、3ヶ所あります。
春先に裸木の姿を撮り収めてはあるのですが、緑の葉をまとった姿も合わせてアップしようと思っている間に紅葉の季節が近づいています。
落葉してしまわないうちに、再訪してアップしようと思っていますのでもう少しお待ち下さい。

[PR]

by naru-tsuu | 2007-09-27 00:31 | 十勝シンボルツリー


<< メトー駅逓のマユミ (再度)      人舞小学校跡のクリ(再度) >>