人気ブログランキング |

成と艶の北海道道中記

narutsuu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 07日

浦幌炭鉱跡地を訪ねて

今回参加したフラワーソンの担当した地区の1つの中に、浦幌町炭山地区が含まれていましたので出かけてきました。常室川上流のこの地区は、かつて炭鉱で賑わったと聞いていますが、現在は道有林地として管理されています。ほとんど昔の面影はないと聞いていたのですが、今回訪ねてみると森林センターなどが案内板を整備したりしてあって、昔の様子を想像する助けとなりました。浦幌炭鉱について詳しく書く時間がありませんので、炭鉱の歴史については、こちらを参照してください。本来がこの炭鉱跡地を訪ねるのが目的ではなく花の開花を探すのが狙いでしたので、詳しい紹介にはならないことをお許し下さい。
e0024478_10412683.jpg

常室川を挟んで沢合いの狭い平地に結構な距離の市街地があったことが分かりました。
e0024478_10523971.jpg

当時、双運地区といわれたこの炭鉱街には最盛期の1950年には、730戸の炭鉱住宅があったといわれています。
e0024478_10533264.jpg

こちらは、炭鉱病院の門の跡と思われます。カラマツ林の下にはあちこちコンクリート基礎の朽ち果てた残骸がありました。
e0024478_117163.jpg

e0024478_1184455.jpg

当初、ここで採掘された石炭は軌道によって浦幌駅に運ばれる予定だったようですが災害などで順調に進まない中、隣り合わせの釧路管内尺別で採炭していた三菱鉱業に経営が変わって距離的にも近い尺別に集積されることになったようです。浦幌駅からこの炭鉱まで現在の道路でおよそ27~28kmくらいあります。この尺浦通洞はおよそ6kmと運搬能力がよくなって採炭量も向上したようです。この鉄道は、浦幌村50年史によると電車を使っていたようです。
e0024478_11434321.jpg

尺浦通洞からの鉄橋台のあと。このすぐ奥手には積替え設備(駅)跡が残っています。ここから採炭場へは別の軌道が使われていたんでしょう。ここから先は林道管理となっていて一般の車の乗り入れが出来ません。
e0024478_13626100.jpg

e0024478_1375491.jpg

戦後の採炭再開を記念し、炭鉱の発展を願って立てられたのでしょうが、このあと10年と経たない間に閉山となって人一人いないところとなることを想像する人はいなかったでしょう。
激しく変わり行く時代の象徴的なできごとであったとおもわれます。



ピンボケしていなくて、観賞に耐えそうなのだけアップします。
e0024478_11583265.jpg

ミミナグサ
e0024478_1159104.jpg

コンロンソウ
e0024478_11595468.jpg

フタリシズカ。ヒトリシズカに対して付けた名前のようですがだれがつけたか気の利いた名前です。
e0024478_1204052.jpg

クルマバソウ
e0024478_1215422.jpg

カラマツソウ
e0024478_1231810.jpg

クシロワチガイソウ
e0024478_1211541.jpg

ヤマハナソウ

by naru-tsuu | 2007-07-07 12:25 | 旅の途中


<< 「バロン西」特別展 (2)      芽室公園のカシワ >>