成と艶の北海道道中記

narutsuu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 07日

シンボルツリー 下準備

私の住んでいる町では、町の鳥、町の花、町の木が制定されていて鳥はアオサギ、花はハマナス、木はナナカマドとなっています。近隣の町や村もその町のシンボル的な素材を選んで選定しているようです。みなさんの町ではいかがでしょうか?
今回、十勝支庁林務課が紹介する「シンボルツリー20選」は、上記のような一般的な「町の木」とは違い開拓時代から切られることなく残されてきた巨木、古木であったり、地域の守り木であったり、地域の歴史を見つめてきた樹木が各町村から推薦されて紹介されています。
そんな訳で観光スポットとして脚光を浴びた豊頃のハルニレの木などはすぐに場所も分かりますが、大半の木々は何処でどんな姿でいるのかも分かりません。林務課よりいただいた紹介地図を頼りにツリー探しのドライブに出かけてきました。
同じ十勝管内とはいえ、今まで訪ねたこともないところも多く、牧場の奥まったところであったり、場所的には確かにこの辺りなのだがと思いつつも、目指す樹木がなかなか見つからないもどかしさ。
大半の場所はやっと雪解けが進んだ4月に回ったもので木々たちもまだ寒々とした丸裸状態、場所によってはまだしっかりと残雪状態のところもありという有様です。これから何回かあちこちの木々を訪ねて、緑に包まれた姿や秋の色付いた姿をアップしてみたいと思っています。
今回訪ねるシンボルツリーは下記のようなところです。
e0024478_12161929.jpg

[PR]

by naru-tsuu | 2007-05-07 12:12 | 十勝シンボルツリー


<< 本別公園      独断 富良野風景 >>