成と艶の北海道道中記

narutsuu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 14日

プロローグ

銀河線(池北線)を運営しているちほく高原鉄道は来年3月で運行をやめて、廃線となることが決まっています。今バス転換についての方策などについて話し合われているようです。廃線後はレールも取り払われるようなので、列車の走る姿を見ることとは勿論、鉄路の跡も解らなくなる時がくるのでしょう。
鉄道ファンの方々がすばらしい記録を残してくれるでしょうが、あえて私の目線で銀河線を記録しておきたいと思います。
そして、今銀河線をブログで記事にしてみようと思い立って、回ってみて感じたことはこの長い距離のローカル線を維持して行くこことの大変さを強く感じました。たとえバス転換されてもその道のりはなお険しいのではと思われます。過疎地対策、弱者救済と叫んでみても、経済活動の採算と言うハードルを越える方策など何も無いからです。
のっけから変なことを書きましたが、これから順次写真とコメントで銀河線の各駅停車の旅を始めたいと思います。準備万端滞りなしとはいきません、間違いだらけで皆さんのお叱りを受けるかもしれませんが加補訂正していきますのでご協力よろしくおねがいします。
e0024478_0513598.jpg
置戸発北見行準備中の気動車
[PR]

by naru-tsuu | 2005-11-14 00:59 | ふるさと銀河線 各駅停車


<< 各駅停車の前に      冬支度(2) >>